アンテナshop
 
きもの(着物)ぬ〜ぼぅ 北九州市小倉北区魚町

e翡翠ドットコム/天然色翡翠専門店マルコ・ポーロ

 

 天然色翡翠専門店マルコ・ポーロ/e翡翠ドットコム

   

     『ひすい説明』  『鉱物としてのヒスイ』 翡翠の産出国』

 

          『翡翠とは・・・』   ヒスイ説明

       翡翠(ひすい)は、緑色や淡紫色の魅惑的な輝きを放つ宝石として       一般的に知られています。

       日本の古代遺跡からは、ヒスイの大珠(たいしゅ)や勾玉(まがたま)         などが発見されており

       翡翠の勾玉にまつわる話は非常に多く代表的なものだけでも
       

      「全身を翡翠勾玉で飾りパワーアップしたアマテラス(天照大神)が
         
高天原を荒らしにきた スサノオ(素戔嗚尊)に立ち向かった」
       
          「アマテラスの5個の翡翠勾玉から五柱の男神が生れた」
       
          「魏志倭人伝の中に卑弥呼の後継者が                              大きな珠(ひすい)を2個献上した」
       

          「天皇家三種の神器のひとつ八尺瓊勾玉」
       
          「韓国・金冠塚古墳の大小57個の翡翠勾玉を付けた黄金製の王冠」            

                     などなど数え切れません。
          

          ところが、奈良時代以降、                                           ヒスイは日本史の舞台から消えています。
          
          一説には、翡翠と関係の深かった蘇我氏から藤原(中臣)             氏に権力構造が代わる中で古代日本の権力の象徴である            翡翠文化を意図的に抹殺したとも言われています。

       ●中国では古くから「玉」(ぎょく)は王の象徴で、                   高貴なものには「玉」という言葉を多用しました。

     王の座席を表す「玉座」・王の顔を「玉顔」・王の声を「玉音」などの        言葉に、この名残があります。

     玉は、五徳(仁・義・礼・智・勇)を高める石、現世と霊界を        つなぐ石、金運を司る石などとされ金・銀よりも価値のある物として               現代中国にも引き継がれています。

     本来、中国での玉は軟玉でしたが、18世紀にミャンマーで
       翡翠が発掘された後は、玉第一の地位は翡翠に確立され

          【玉王翡翠】と称されるようになりました。

     清朝期よりの習慣に
         「第一婦人には翡翠を、第二婦人にはダイヤを」というのは有名ですが

    翡翠は第1位のジュエリー装飾品としてだけではなく、
           
伝統的な吉祥や金運・開運モチーフを彫刻した
        翡翠のペンダントや置物などは、
               
風水アイテムとして最上の素材です。

        

     『ひすい説明』  『鉱物としてのヒスイ』 翡翠の産出国』

                 Yahoo!動画 - 趣味と教養 - ヒスイにすべてを賭けて

                               

                                                         

                                                               e翡翠ドットコム/天然色翡翠専門店マルコ・ポーロ